So-net無料ブログ作成

盾の勇者の成り上がり 第4話 暁の子守唄 の感想 [TVアニメ]

祝賀会。勇者、騎士。
尚文はあほらしい。 元康は耳打ちされて
・・・だまされる。
ラフタリアは尚文に食事を。  元康は苦々しさ。。。。決闘を申し出る。

元康は聞いたことの確認。奴隷制度。 きれい事を言う元康。
勝負をいいだす。おかしな条件。

王はその話を聞いて、決闘を認めて。ラフタリアがいうことは信じず。口封じ。
勝負。 勝ち目?

尚文は武器を持てず、不利。
正当な決闘。。。でも、周りは敵だらけの尚文。
えらそうな元康。ピエロ。 。。。じりじりと尚文に追いつめられて。
戦いは尚文に有利に。。じみに押していく。

民は噂だけで方向。 尚文は元康に降参を。。。うけずで
尚文は魔法をうけて、それがきっかけで負けてしまう。
。。。勝ち誇るピエロの元康。

尚文は抗議。横やりがはいったと。。。まわりは認めない。王に誘導。
槍の勇者の勝利。 きどい女、ここぞと。
王はいうこという。マインのことは王女。。。。尚文はわけを知る。げすな王と王女。

尚文がすること。
ラフタリアは開放されて。 盾への不満を民。嘆く尚文。
ラフタリアは呪いを解かれて。
。。。

尚文は盾の呪い。それを地獄と。
でも、違った。

ラフタリアは元康に卑怯者と。尚文がしたことを弁護する。
だめ男の元康は反論できない。

やってくる勇者二人、マインの反則行為をばらす。 貴族は王に口止め。
ラフタリアは尚文を。。。噂。 否定する尚文。。

尚文は自虐して。 ラフタリアは諭す。
盾を呪いと尚文。 盾がひとを守ったこと、ラフタリアを救ったこと。
ラフタリアは尚文を抱擁して。。。語る。してくれたこと。
わたしはあなたの剣。例え、どんな苦難があろうとも付き従います。
誰かにいってほしかったことと尚文。
信じるとラフタリア。 尚文はラフタリアの変化に。一気に成長して?

。。。王はみて、がっかり。
元康は自分の考えを。 勇者二人はそれの考えを。

ラフタリアは尚文のつらさをわけてほしいと。

目覚める尚文。朝食をラフタリア。
亜人の性質。 幼いうちにレベルをあげると成長すると。
味がすると尚文。今まで味がなかったことに。
nice!(1)  コメント(0) 

ケムリクサ 第4話 の感想 [TVアニメ]

移動する。ムシはでなく。周りは廃墟。三島。
さらに行くことを。
。。。みどりちゃんの足。

わかばは、ケムリクサを。 反応するクサ。 使いから?
みなが見せるクサ。 増えているみな。 なにかがでる。それを食べる。

。。。移動する。見通しがわるく。
見えるアカムシ。 なんかきしょい。 りんが一瞬で倒して。 わかばが褒めて
りんは褒められて赤くなる。

狙ってくるアカムシ。 もっとでかいのがいると。。。逃げることで対応。
りんが助言。

休んで、明日の計画。 わかばはケムリクサを。
過去のものの話。 過去の人。

増えるりな。 。。。わかばがいうことで、 でれるものら。
りんは照れて。見られることをさけて。

移動。。。上には専用道路。
そこまで上がる。それはりんの手引き。物理法則が?

四島まで移動。でも、前からくるなにか。
撃ってくる。りんは腕を失って。アカムシ・・・合成なんとか。
橋を伝って追い込みまれて。
わかばが、アカムシの動きをよんで。

戦いしかないとりん。一人で
わかばがアカムシのことを。自分が囮をと。 あのちいさいので、誘って、りんが倒しに。
踊らされるアカムシ。リンが倒す。 しつこく攻撃。
最後の攻撃が。  わかばが守り。ケムリクサを津糧。

ぬしを倒して。
。。。移動。わかばは回収を

四島へいくことに。

ムシの中にいた装置?
nice!(1)  コメント(0) 

転生したらスライムだった件 第17話 集う者達 の感想 [TVアニメ]

人、魔物の街とオークロード。
どうするかを。 会いに行くことを。三人があったスライム。
。。。乗り気でない三人。


ミリムは食べ物に堪能する。
りむるは皆と話。 報告を受ける。 。。。完全回復薬。ドワーフにはそこまでできないが、
乗り越えた事をベスター。感動物に。 売れるかどうかに。。。そんなには簡単に行けない。

。。。ドワーフ王国との交渉

外では戦い。 そこにいくリムル。
いきさつをベニマル。 ミリムが手を出して。。。獣王のものが手を出して、ミリムがおいたをした。
笑顔? リムルには? まずい展開。。。約束のことを。 いいわけをミリム。 今回は条件付きでと。
食べ物で手なずけるリムル

交渉。 ややこしく、ミリムが口をはさむと。
カリオンからの命令でやってきたと手下。 ミリムは怒り。約束を破ったこと。
帰すリムル。。。。面倒事。

リムルはミリムに魔王の情報を引き出す。うまいこと誘導する。ちょろい。。。。お子さま。
新しい武器でつる。

魔王の名前。この前にしたこと。
それぞれ。 リムルは条件を。。。あたらしい武器ほしいと。

パルムス王国。オークロード調査団。。。。すれ違うもlの。
戦い。
ゴブタがきて、あっさり始末。晩ご飯。。。。おいしい。なんかカニ?


リムルは挨拶。増えた仲間の紹介。ミリムも、
人側。文句。。。シオンはすぐに手が出る。
ミリムがいうこと。それぞれとの交易。ベスターが話を補足。ガゼル王との盟約

ミリムの依頼事。ヨウムらに。勇者として。。。噂を広げることを。
ヨウムはリムルを信用して、その配下に。 ハクロウの元修業

ティアはクレイマンに報告。仮面のティア。
ミュランからの報告。 魔人らのこと。 ミリムが興味を持つ?
ラプラスが感じた不気味さ。。。。リムルに。 検討する勝ちあいと。

ティアの報告。 カリブリスの復活
仕事の依頼。 そのものの封印の地を探して、手なずけられるかの探る事。
場所。。。聞かずにいく。
クレイマンは倒し無。その力。魔王に匹敵する。
nice!(3)  コメント(0) 

荒野のコトブキ飛行隊 第3話 ラハマの長い日 の感想 [TVアニメ]

帰る飛行艇。 襲い飛行機の里達。
知らせ。ラハマは燃えて。

村長は消化できたことを。 コトブキ飛行隊はからかう。
なぜこうあった? やっていたエリート興業。

。。。いきさつ。 やってくるエリート興業。。なんかえ中韓みたい。
商談。 戦闘機と絵の交換。 いうことがおかしい。文化の拡大。。。せれってなんとか開放軍?
おかしな絵。価値があると。

商談決裂。おかえしに攻撃。なんかチベットを攻撃した連中と一緒?
だめだめ村長と自警団。

雷電。それをどうするかに。戦闘機一機ならと。
コトブキ飛行隊への仕事はマダムと契約。
村のものは統一性なし。 軟弱村長。 皆から聞いて決めると。だめっぷり。

村人らを集めて。なにも決まらない。だめな大人の例。
うわさ。。。マダムはリーダーと話

村長はあきらめ。エンマがたきつけて。最初は小さいが大きくなる要望。
。。。フィリピンの海みたいに。

たきつけられて、村長は主戦へ。


エリートの動きを。二手に別れて読み違えて。自警団が時間稼ぎ。
数でくるエリート・・中韓?
いうことが過激な男。

エリートは攻撃。雷電を狙って。えさに。

自警団は弱い。空中戦。。。数での戦いに。
やってくるコトブキ飛行隊。錯塩通りいくと。 戦力の差は大きい。

空中雑技団? 細工がいろいろ効いてくる。

数の差。誘い込みで数を。
摘芽すること。なんでもアリ。背後に攻撃。エンマはまずくなって。
村長が頑張るが、おっさんだけにだめ。 

エンマはなんとか不時着。

村長はむりやり交換、強奪されて。
敵は去って行く。

コトブキ飛行隊は撤退と。 やるだけの価値があったと自警団。

戻って残念な事に  村長に感謝するエンマ。

契約。雷電も入っていると取り戻しにいくことに。コトブキ飛行隊。
nice!(1)  コメント(0) 

けものフレンズ2 第3話 うみのけもの の感想 [TVアニメ]

ぱんだの回のおさらい。

。。。つく海獣園前。

そこは、海。海岸で遊ぶフレンズ。 キュルルはきょとん。
見つける建物。なにかがない。

聞く相手。カラカルには見えて。さすがなけもの。

イルカとアシカはみせる芸。ご褒美。サファリマン。
たのしいかどうかに 物足りなさ。

そこにくるサーバルら。歓迎がおかしいイルカら、ご褒美をほし
食べ物で。

キュルルはお家探し。絵に描いた場所。
教えあげるとイルカとアシカ。 海に繰り出す。 底に見える珊瑚礁。カラカルは怖がり。
見えてくるあの場所。 海の底。

近くで見ることを。泳げない。。。サーバルが見つけるもの。それで水の中へ。
イルカとキュルルは話を。超音波。

その場所へ。。キュルルはなにかを。
すぐに戻ることに。船の上。

ご褒美を欲しがるイルカとアシカ。 なにも渡す物なしで、帰すわけにはいかないとイルカら。
・・・褒美という対価

イルカとアシカはボイコット。
。。。いつもの遊び。飽きてきたとイルカら、

キュルルはステージで見たことの記憶。楽しく遊んぶために。
イルカはワクワク感。 。。。みせるステージ。
アシカには輪っか。

。。。サーバルもおかしなことを。
サーバルを助けるイルカ。 拍手するキュルルら。
足りないものを知るイルカとアシカ。

イルカらは戻してあげると。もっといい物をもらえたからと。

キュルルは、二人に進呈する絵。友情を育んで。送る。
キュルルらは先を。

次への移動。カラカルは陸では強きにもっといたかったと。ツンデレ。

後をつける二人。報告。。。報告を受けるもの。待つのは慣れているから。
nice!(3)  コメント(0) 

エガオノダイカ 第4話 希望の選択 の感想 [TVアニメ]

王国を侵攻する帝国軍。
・・・北が南を侵攻?消耗戦。 未来の半島かな

大軍でせめてくる帝国。 新型クラリス40機があればすこしはましに
レイラは姫への進言を。 でも今はヨシュアの死で落ち込み

ユウキは、ヨシュアの声が。 レイラが報告。避けるユウキ。
嘘つきとみなに。 イザナとハロルドに軍を任せると 新型はだめとユウキ。

戦う騎士ら。迎撃する。三方向。

ユウキは悩む。
。。。続く膠着。
戦線は崩れて。 消耗戦。。。まずいことに。
州の放棄して、撤退。

無理な撤退。新型クラリスの投入

レイラはユウキに報告と承認。あのリーシャの街。
ユウキはヨシュアとの話を。 みんなを笑顔にすること。ヨシュアが守ってやると。
たくさんの命が助かることにユウキ。

レイラにとっても大切な場所。裏切るものがでて、テロをする。
いうことがひどい連中。 言うこと聞かないと爆破。

大勢が死んで。レイラはなんとか街を離れるが。街は爆発。。。核?
それからレイラがしった事。王国と帝国は国交断絶へ。  帰る場所をすべてを亡なくして。

レイラはユウキと。。。仕えることに。
州のことを父母が想うことを。 レイラが支えの言葉。

待避は進んで。見に来るユウキ。責任。
進む避難。 うまくいって。
新型クラリスの投入のことが知られて。そのわけ。 受け入れるユウキ

でも、最後まで残るものら、 ユウキがいうこと。戦う事でなく生き残ることを。
収容にへ。 離脱はうまくいかず、攻めるこXあ。徹底的に撃ってくる残虐な連中。
・・・修羅だね。
増援は出せない。 ユウキが望むこと。

まにあわず、皆殺しをうける。リーシャのモニュメントも壊されて。
ユウキは

侵攻する帝国。数で押してくる。
nice!(3)  コメント(0) 

デート・ア・ライブIII 第3話 七罪はおまえだ の感想 [TVアニメ]

夕弦が消えて、士道はあせり。 琴里がせまること。。。確認?
反応を見るためにすること。キス? 。。。取るのはリボン。お子さま。
琴里は凶暴化する?

士道はデートを、詰め込んで。
美九とはコスプレデート。撮影会。
三人娘とする。
先生と。。。婚姻届。
耶倶矢とはボーリング。 勝負に。士道はだめだめに。命令。。。士道を膝枕に。頭を撫でて。
耶倶矢は強きを隠して。

琴里は士道を褒めて、違和感。時間が迫る。。。七罪の監視
七罪は顔をだして、天使で通話。 迫る回答。 四糸乃と。
消える二人。

。。。さらに2日

折紙と映画デート。その言い訳。
恋愛物。折紙がすることは大胆に迫る。

家に戻る士道。十香が話す。できることはなんでもと。
接触する男。 わざとらしく。。。化けているアイザック

お休みの挨拶。琴里に声を。 たったいま消えた十香。
七罪がここぞと対話。 もう終わりにしようと思うとサービス。当たれば、皆を帰すが
そうでないとみんなを消すと。

七罪は。。。士道の絶望をみることを。
誰も見つけないと。

アイザックはエリオットと再会。

士道は皆を集めて。わけを伝えて。 みんなからヒントを。
推理。

出てくる七罪。最後の夜と。誰に化けているかを。使命でるのは三回と。
士道の推理。先に消えたものの中に。
間回違えて

アイザックは駒を。とっておきのウィザード

七罪は次を。消える耶倶矢。

ラストに。美九は落ち込んで。美九がいうこと。身につけていたら一緒に消えると。
士道は写真から、七罪が余裕でいられるわけ。 よしのん。
。。。士道は自信満々

当てられて七罪。皆が戻る。
そして、隅っこに七罪。ちびっこ。
?と士道。 ばれて七罪。 霊力での変身。 秘密を知られて、七罪は皆にかけること。
一方的にいって消える七罪。逆恨み。

皆が幼女かする!?
nice!(2)  コメント(0) 

とある魔術の禁書目録III 第16話 統括理事会 の感想 [とある魔術の禁書目録III]

浜面は個室サロンにいきたい。でもあっけなくまずいことに
滝壺からの連絡。まずいことを、でも大丈夫と気丈夫に滝壺。
浜面がすること。来なくていいと滝壺。
ヘリのもの、浜面のことをくんで、向かう。
単身で潜入する浜面。


テロリスト、アクセラレータが駆除する。そこで会う男。統括理事会の手のもの。杉谷。
アクセラレータは報告。 そこでばったり滝壺。 浜面がきて、ややこしくなる。
楽しむアクセラレータ。一発入れる。。。選択。
アクセラレータはいうこといって。悪党の美学。 あっけない浜面。
滝壺がついて、まずかった対応。いつになく弱気な浜面。弱いことを。三流のチンピラから。
やってくる絹旗。 ステファニーと遭遇。

グループらはドラゴンのことを。天使とドラゴン。。。ラストオーダーとの関係。
襲ってくる敵。 電源をカットされるアクセラレータ。
助ける男。あのときの男。助けた恩。
・・・こXあにはないこと。
仕置き師への反抗にアクセラレータ


アクセラレータは土御門と。政治的準備。親船最中と。
。。。拒絶。 アクセラレータが問うこと。娘さんとのこと。退いたわけ
出てくる親船。 仕置き師との諍い。 アクセラレータがいうこと。
あのときの子供、一緒に戦うと。 アクセラレータがすることに。
。。。子供の素直さ。
感銘する親船最中。 卑怯者の気づき。 アクセス制限は気にしない。
選択する親船。


浜面と滝壺。絹旗と連絡着かず。
でも、その場所へ。 絹旗は戦う。ステファニーと。

統括理事会のもの。グループが来ると。武装集団。
AIジェマーで能力への介入。
アクセラレータと結標、交渉というXX。出てくる男。
ドラゴンに知っていること。 男がすること。毒。甲賀のものと。
いうこという男。

親船は交渉。相手はすごい武装。
ドラゴンについての質問。グループ。
いうこという統括理事会の男。ドラゴンは極秘事項。。。交渉はうまくいかず。
武力でいく男。親船最中の自分の命を守る策。海原。
武装が解除されて。 海原光貴が親船最中がうけた代償。痛み。

逃げに男。警備組織を二つで。
警備員が殺されていることに男。
潜り込んでいることを警備員らがいう。海原光貴と同じ元組織。
nice!(2)  コメント(0) 

W'z 第4話 FOuR FOR FORce 《フォウ・フォア・フォース》 の感想 [TVアニメ]

接触。。。探るもの。

ジグラートにはいる雪やとハヤテ。練習。
ナガテとマユミ探し。 ハヤテはエスコート。。。W'zのこと。
タヅナとの相性をとハヤテ。ユキヤに。 タヅナがいうこと。

ユキヤはタヅナのことでハルカに雄弁に。ユキヤびいきなハルカ。
ハルカはDJを誘う。そして、フェスに誘う。・・・これはデート。
真面目なユキヤ、反応が他人事。ハルカは一緒にと。デートとは気にしない。
チヅルさんとの約束。時間的には間に合うと。
。。。もうすぐ文化祭。

大阪城公園。二組はそこに。
ジグラートに入るユキヤとチヅル。人捜し。
エスコートするチヅル。容姿からは。
コヨリとタヅナのことを。 パートナーの関係。チヅルとハヤテ
ハンドシェイカー。願いごと。
。。。チヅルがいうこと。なんとか食い? ショタ。


話さないユキヤ。戻って。
用事。ハルカがきて、誤解されるチヅル。小学生?
チヅルの探り。
出てくるはの二組。 チヅルは積極的にユキヤと。 消えてハルカは?

追いつめられてユキヤとチヅル。 挟まれる。
センリはチヅルが知っている。
戦いは止められない。共闘する二組。 前に戦った二組。

不利なユキヤ。本気度。。。チヅルは勝算がないと。願いがないユキヤ。
チヅルはニムロデを使う。分身で逃げる。

逃げれたユキヤとチヅル。疲れるユキヤ。
追い込まれて。戦うしか。チヅルに問われる。強さは想い。
そこにくる真打ち。タヅナ。。。。再会。
タヅナはユキヤと手を。 魅せるタヅナ。力を借りて。
nice!(1)  コメント(0) 

魔法少女特殊戦あすか 第3話 もっとひどい戦争 の感想 [TVアニメ]

紗綾子はトラウマ。あのときのこと。

くるみはあすかを見つけて、そばに。執拗さ。百合展開?
転校してくるあすか。 あきれるあすか。


メキシコ
そこでの戦い。魔法少女 ジャストコース ミア。
マシンガンを使う魔法少女。 麻薬カルテルの一掃。なんでも貫通させる。
捕まっているもの。始末。 もっとひどい戦争。

あすかとくるみ。
。。。脅したくるみ。 いうことが。
くるみの迫ること。 希美と紗綾子。。。打ち解けて。

お昼も一緒に。なんか百合にくるみ。
それぞれのこと。
。。。ふざけるクラスメイト。 紗綾子はトラウマで。
希美は危機回避の方法。
今度の日曜にプール。 希美がいうことにくるみの想像。あすかのボディライン。

二人は一緒に筋トレ。学校なのにすごい施設。
くるみが戦えるわけ。 学校であったいじめ。。。平成ゆとり?
あすかが鍛えるわけ。怖い。自分が弱くなること。


あすかは、飯塚と。あやしいメイド。陸自?M班の偽装施設。
飯塚は危険を。 新しい敵。 変わった世界。 あすかが求められて。

キムは自白を。魔法少女。世界を作り替えると。バベル。 もっとひどい戦争。
牧野がいうこと

プール。みなでで楽しむ。希美は二人が来てくれたことに。
紗綾子のためと。 
飛び込み。。。変わろうとする紗綾子。吹っ切れて。
。。。ダウン

一安心。紗綾子がしようとしたこと。
希美の観察。
あすかは、こんなんでいいのかなと。希美が。
。。。次は映画。バイオレンス。前売りを買って


別れて。
くるみはあすかに学校のこと。あすかがいうこと。もう魔法少女はいいんだ。
。。。くるみがいうこと。

希美悪誘拐されて。公安の娘


あすかにSNS?それも希美から
nice!(2)  コメント(0)