So-net無料ブログ作成

BEATLESS 第10話 Dwellings and surroundings の感想 [TVアニメ]

遼の場合。 起きたこと。。。助け出したアラト。。。このときに友達に
。。。夢。

朝がくる。遼はアラトからのメール。ケンカ別れ

遼はアラトが紫織に。
兄としての放棄をしても。
渡来からもメール・・・設定


アラトはユカに謝る。。。紫織
いろいろあって、冒険よりも後始末に2週間。とんでもなくかかるお金。父が立て替えて。
筑波まで話を

遼が一緒に行きたいと、自動運転車で

アラトは電車で。
レイシアにあの後事を。。。。アラトはレイシアになにかを。 ユカは怪しむ。

筑波。実験都市。hIEがいっぱい。
遼と待ち合わせ。遠藤教授のところに。

街で起きること、hIEの経験蓄積の年。 ミコトが市長。行動管理クラウドとして存在。
・・・身体はいれもの。

遼の警告。 ユカは単純。

行くが、父に会えないアラト。実験。。。テロで一棟の爆破。
市長がいなくなった場合。どうなるかを。

サーバールーム。街の中枢。
遠藤教授とは会えず。


家に帰るアラト。とんでもない部屋。
。。。単純はユカ

父がhIEを使わず。 帰宅。。。消える電気
なにかが。。。教授がいうこと。
実はスノウドロップが拝借。


家族で食事。 レイシアとのこと。。。父がいうこと。あっさり許可。息子を信じて。
ユカがばらす。 気にしない父

街でのことをアラト。 ユカは都合よく。 父がいうこと。。。hIEだけになるとアンチが動き出すと。
過去のいきさつを話す父。 理想の道具の代替に会社。 ・・・ブラック会社とか。
男の話


遼は電話をする。それは渡来?


朝、アラトは父のことを。レイシアはもういったと。アラトだけが外に。

。。。変化!? 自殺するhIE
渡来が話す。 アラト。。。渡来は語る。秘密を。 クラウドの本質を話す。ネットワークの共用プール。
今見えていることを。 
アラトの気づき。。。質問。
こたえる渡来。ネットワークでの処理。 行動管理クラウドがすること。見ているが知らない。
・・・魂がない機械。

渡来が話す。情報の蓄積。人間に近づく道具。インターフェース
アラトは意味を見いだすことを。

渡来は。。。自殺行為はありえないと。魂がやどらないと。
どんどん起こる自殺行為

。。。家の爆発。
渡来は自己紹介。メトーデのオーナー
そして、レイシアはメトーデの襲撃と ユカの融解。
・・・普通はここで引き出される渡来の関与と思惑

レイシアはユカの奪還と街からの脱出

アラトはhIE暴走して・・・ゾンビ。それともか病。かん人かする。
nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。