So-net無料ブログ作成

グランクレスト戦記 追憶 の感想 [TVアニメ]

混沌。。。世界をみだすものを生み出す。まるでどこかの種を。世界から嫌われるitみたい。
聖印。 君主。 秩序 。。。契約。とある種には理解できないもの。

エーラム
連合と同盟。盟主の嫡子同士での婚姻。 邪魔するもの。出てくるデーモン。
平和はできなくなる。南北みたいにいがみ合い。 地図的にはイタリア

シルーカはヴィラールのもとへ契約に。
ザコが襲う。 テオが助けに。。。テオの志。
シルーカはテオと契約。 君主から聖印を奪って

攻めてくる同盟。 ラシックとの激闘。。。勝って従属君主
。。。大きくなる勢力

シルーカはテオにコルネーロの名を名のることを。ロッシーニ。

同盟に移ろうとして、交渉。セーヴィス王と戦いに。
なんとか退けて。

バルドリンドへシルーカが交渉に。 受け入れは失敗。戦争に。
ヴィラールに援軍交渉。失敗。

戦い。。。セーヴィス王は攻め込んで、一騎打ちで倒れる。
停戦交渉。 テオの命に。

攻め込むバルドリンド。 アルトゥークの策。 相まみえる二人。
ヴィラールが乗りこんで提案。 テオは受け入れず、従属君主にと。 学びや出会い。

ヴィラール・コンスタンスのこと。二つの家で。 マルグレット。。。ヴィラールを慕う者。
去って行くマルグレット

ハルーシアへ行くために、道を作って、土産に駆けつけるヴィラール
同盟会議。 盟主を決める会議。 。。。同盟と和平。

マリーネ。 アレクシスと恋して、失敗。
父を亡くして喪服のまま

マリーネの進軍。手を血に染めて。。。ミルザーと手を結ぶ。
ミルザーとテオの違い。 血に染めるだけの野蛮人。
ミルザーはマリーネと手を結んで、一夜のなんとか。

皇帝の聖印を拒むデイミトリア。悪の犯人。
テオに語ったこと。暗黒時代への回帰。 悪。。。。聖印の統合をいやがる。秩序はいやと。さいにX?
常闇の森。 得馬とルナがテオに。

ミルザーはダルタニアを掌握。

ヴィラールは戦略を。近隣国との連携で。
ラシック。従属君主らへの指示   マルグレットはヴィラールのもとへ。

旗色が悪い戦い。 キルギス王。
ラシックとテオは勝ち。 戦いはアルトゥークに。

ノルドの大船団。ヴィラールは負けを。海軍の損害。 海の宮殿も押さえられない。
負け方。。。負け戦をするヴィラール、マルグレットと

。。。クライマックス

ヴィラールはマリーネに信じる道をいけばいいと。 しあわせになること。
アルトゥークは落ちて。 ミルザーの元に

ラシック、テオらに知らされるヴィラールの言葉。
nice!(2)  コメント(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。