SSブログ

テガミバチ REVERSE #23 「アカツキにて」 [テガミバチ]

。。。鎧虫を撃つ。倒される鎧虫
あ。う。

。。。

(ラグ)あ。ゴ  ゴーシュ。

ゴーシュ どうして ここに?

(ニッチ)ラグ!
(ラグ)ニッチ。

(バレンタイン)なぜノワールがここに現れるのだ?
(ガラード)加勢  でないことだけは確かなようだな。

。。。ガラードに銃を向けるノワール。
(ガラード)なんのつもりだ?
(ノワール)ロダは  精霊になれなかった者たちはどこだ?
(バレンタイン)ノワール! 何をキレておる?
(ノワール)精霊になれなかった者たちはどこだ?
(ガラード)フッ。
(銃声)
(ノワール)答えろ。
(バレンタイン)いいかげんにせんか。ノワール!
(ノワール)彼らを どこへやった?
(バレンタイン)知らぬわ!
(銃声)


(コナー)仲間割れ? 
(ザジ)みてぇだな。
(ラグ)ゴーシュ。


(ノワール)どこだ!?
(ガラード)あいにくとヘイズルの言ったことは本当だ。
俺たちは聞いていない。そっちはロレンスの仕事だったんでな。

。。。近づくノワール。間に入るラグ

(ラグ)ダメだ。
ゴーシュ!
(ノワール)そこをどくんだ。
(ニッチ)人はいけませんだ!
(ラグ)ニッチ。
どうして どうしてこんなことを?
(ノワール)カベルネを止めなければならない。
(ラグ)えっ? じゃあ。僕らと同じ目的でここに?
(ノワール)僕の目的は彼らを 彼らのこころを守ること。
(ラグ)彼ら? 精霊になれなかった者たちのこと?
(ノワール)カベルネは彼らのこころをエサに
ユウサリ・セントラルへと引き寄せられている。
(ラグ)どうして 彼らのこころに?
(ガラード)精霊になれなかった者たちはアンバーグラウンド政府の
あらゆるものを人とかけ合わせる実験によって生まれた
こころの力が増幅した生物だからだ。

(コナー)そうか カベルネが一直線にセントラルを目指していたのは
そういう理由だったのか。
(ザジ)あのヘビ野郎。ひでぇこと考えやがる!


(ノワール)それだけではない。
(ラグ)えっ?
(ノワール)リバースの本当の目的はそうやって力を増大させたカベルネを使い
首都アカツキの人工太陽を落とすことだ。
(ラグ)えっ? 人工太陽を落とす!?

(ガラード)《ああ確かに届けた。
人工太陽に死にたくないともがき苦しむ人々のこころを。
人々が命を落とすのを目の当たりにしてきた。
人工太陽のせいでな!!》

(ラグ)あ
(ガラード)そういうことだ。
(ノワール)だからといって、精霊になれなかった者たちのこころを犠牲になどできない。
そこをどくんだ!
(ラグ)どかない!ガラードさんたちを撃ったってカベルネを止めることはできない。
そんなこと。
僕の知ってるゴーシュなら 絶対にしない。
(ノワール)そうだ。 僕はもうゴーシュではない。

(コナー)あっ。

(ラグ)失われたこころが戻らないなんて 僕は絶対に信じない。
僕のこころがあなたに届かないとも思わない!

(ザジ)アイツ 心弾を撃ちこむ気だ。
(コナー)けど、テガミ弾を使ってもゴーシュさんのこころは戻らなかったんだよ?
(ザジ)弱気なこと言ってんじゃねえ!
お前にだって こころを取り戻したい人がいるだろ!!
(コナー)なあ。


(ラグ)僕のありったけのこころで絶対にあなたを元に戻してみせる。
。。。近づくラグ。ノワールに


(吠え声)
(2人)あっ…。
(ガラード)カベルネが近いな。
(バレンタイン)ああ。
(ガラード)長居は無用だ。
。。。退散するふたり


(ノワール)待て!

(ラグ)うわっ。
うわぁっ!!

(ニッチ)ラグ!

(ザジ)ラグ!!

。。。落ちるラグ。
うわぁっ!!
(ノワール)手を!



。。。地下に。水脈
(ラグ)うっ ハア。
ハア  祈りの丘の地下にこんな鍾乳洞があったのか。
(ノアール)うっ。
(ラグ)ゴーシュ!
(ノワール)言ったはずだ。 僕はもうゴーシュではないと。
。。。心弾をむけるラグ

(ラグ)違う!
あなたはゴーシュ・スエードだ! 今、そのこころをなくしてるだけ。
だから僕が。
(ノワール)これも言ったはずだ。
失ったこころはもう二度と戻らないと。
(ラグ)うっ。
(ノワール)それに今の僕にはもうかつてのこころは必要ない。
(ラグ)必要ない? こころが?
僕は誓ったんだ。 僕のこころを届けるって。
ゴーシュのこころを必ず取り戻すって。
。。。ノワール、ラグに心弾を
(ラグ)ゴーシュ。
(ノワール)ノワールだ。

。。。撃つゴーシュ。
《ゴベーニ:撃てて 数発だ》

。。。パロラマ
(ラグ)あ。これは?
ゴーシュのこころ?

。。。今までの記憶

(ラグ)ゴーシュを取り戻すんじゃない。
ノワール! お前の存在を消してやる!


。。。再開のとき
(ラグ)ゴ  ゴーシュ。
ゴーシュ!


《死んでいる みんな…。 なぜ こんなことを》
(ノワール)心配はいらない。 僕のこころは決まっている。
僕のこころは精霊になれなかった者たちとともにある。
政府の身勝手な実験の犠牲になったキミたちを僕は救いたい。

(ロレンス)彼らの政府への憎悪。
そして死期が近づくにつれ
生きたいともがき 苦しみ 願うこころ。
これらが集まり束になれば人間のこころの比ではない。
カベルネはこころを食らい、力を増し、人工太陽を落とす。
長年 我々を苦しめたアンバーグラウンド政府を
ついにこの手で倒し、再生が始まるのだ!


(ノワール)ありがとう シルベット。
(シルベット)いってらっしゃい。

お兄ちゃん


。。
(ラグ)ああ。ゴーシュのこころの中には
もうノワールとしての記憶しか残ってない。
。。。記憶の。。。
えっ!
あれは。


。。。とある記憶。
《アヌ:知ってるのですね。ラグのことを。
 ラグ? ラグ・シーイングのことですか?

 あの子とはどこで?
 コーザ・ベルからキャンベル・リートゥスへ配達しました。
 そうですか。あなたが。
 あなたはラグの。
 母親です

(ラグ)お母さん。
ゴーシュはアカツキで僕のお母さんに会っていた。

《僕は。
 僕は彼とともに助け合い、危険な旅を終え
 友達になりました。
 そうですか。

 ラグ・シーイングは僕の大切な友達です。
 ありがとう。ゴーシュ・スエード。

 う。うう。あの子に会いたい。
 届けることなら。
 えっ?
 せめて あなたのこころをラグ・シーイングに届けることなら。
 私のこころを?
 無理だわ。あなたはもう。

 うっ。あっ。
 いいえ  僕はテガミバチですから。あなたのこころは命をかけて
 ラグ・シーイングに届けます。
 あ。
 それが テガミバチの仕事ですから》

(ラグ)ゴーシュ。

《(ゴーシュ)うっ! うっ

(ラグ)ゴーシュ?

《あっ ああ うっ。
 ごめんなさい。
 私はあなたのこころが奪われていくのを止めることはできない
 (鐘の音)
 。。。。大きな目


(ラグ)あっ! あぁ。
今のは?
(ノワール)届いたか? 僕のこころは。
(ラグ)ゴーシュ  ゴーシュはアカツキで僕のお母さんに会っていたんだね!
(ノワール)キミの お母さん?
(ラグ)うん。
(ノワール)そうか。 いつも、僕のこころの奥底に佇んでいたひどく寂しそうな女性はキミの。
(ラグ)会ったんだよね? アカツキの人工太陽のそばで僕のお母さんに!
(ノワール)すまない。
(ラグ)えっ?
(ノワール)ゴーシュ・スエードがキミの母親に会っていたとしても
僕にはその記憶はない。
(ラグ)ゴーシュ!
(ノワール)ゴーシュ・スエードという人間はもうどこにもいないんだ。
(ラグ)もう どこにも?

。。。振動が
(ノワール)んっ!
カベルネが近い。
(ラグ)あっ。
。。。交差するふたり
止めないと カベルネを止めないと。
そうだ。今は 僕らがやらなきゃならないことはカベルネを止めることだ。
止めよう一緒に。
(ノワール)ああ。


。。。やってくるニッチ
(ラグ)あっ!
(ステーキ)ヌニッ!
(ニッチ)ラグよ!
(ラグ)ニッチ!
(ザジ)急げ!ラグ! カベルネが近いぞ!
(ラグ)わかってる!
行こう。ゴー  ノワール。
(ノワール)うん。



。。。地上で
(吠え声)
(コナー)心地雷 設置。

(ザジ)よし。作戦の確認だ。
地中のカベルネをコナーが黄爆で地上に誘い出して、
俺とラグとアンタの心弾でぶっ倒す。
(ノワール)うん。

。。。すこし。泣いているラグ
(ニッチ)どうした? ラグ。
どこか痛いのか?
(ラグ)えっ? いや大丈夫だよ。ニッチ。


。。。やってくるカルベネ。
(ザジ)ぶちかましてやれ。コナー!

(コナー)わかった!埋めた地雷は食欲のカケラ。
はい。黄爆!


(コナー)うわぁっ!
。。。退散。


(ザジ)来るぞ。
(ラグ)うん。

。。。出てくる鎧虫。
(ザジ)前より、でけえ!
しかもトゲトゲが増えてやがる。
(ラグ)あんな鎧虫の侵入を許したら セントラルは。
(ザジ)だからって ビビってられっか!
いくぜ。

ヌニ。

。。。攻撃をさけて。

《ノワール:ゴーシュ・スエードという人間はもうどこにもいないんだ》

。。。カルベネの前へ。

(ラグ)《絶対に止めるんだ。 絶対に》

ヌニッ。
(ニッチ)ラグ。ステーキが変だぞ。

(ニッチ)ラグ!
。。。スルーするラグ。



(ザジ)ちゃっちゃと決めようぜ。
(ラグ)うん!


(ザジ)心弾装填。
かっ飛べ。散弾 青棘!
(ラグ)響け!赤針!
(ノワール)漆黒!



次回「決戦!ユウサリ中央」
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0