SSブログ

テガミバチ REVERSE #17 「嘘と真実」 [テガミバチ]

(ラグ)ニッチ。急にいなくなってどうしたの?
ラグよ。あれはもうゴーシュではない。
(ラグ)えっ? もしかしゴーシュに会ったの?
あれは ゴーシュではない。 ノワールだ。
(ラグ)ニ… ニッチ。何を言って…。
ノワールだと 自分で言った。
(ラグ)えっ? どういうこと?
ああ。。


(ラグ)ゴーシュは こころを取り戻したんだ。もうノワールじゃ…。


(サラ)あぁ… アンタたち女の子を見なかったかい?
無口でボロボロの格好してるんだけど。
(ラグ)女の子?どうかしたんですか?
(サラ)前にディンゴをやっていたというから置いてやったんだけど…。
おや ニッチ!どうしたんだい?
アイツ… 本気で戦わなかった。
(ラグ)あ。ニッチ! もしかしてそれ ロダに?
まさかロダがゴーシュを無理やり連れ去ったんじゃ…。
(サラ)ロダ?
ロダはノワールのディンゴなのだ!
(ステーキ)ヌニー!
(ラグ)ノワールじゃないってばもう!
ヌニー!


。。。馬車
(ラグ)えっ!?
(サラ)なんだい? あの馬車!



。。。ノワールとロダ
(ロダ)ハァ ハァ…。

。。。おんぶするノワール

(ロダ)ノワール… いえ。ゴーシュ。
(ゴーシュ)好きなように呼べばいい。
(ロダ)でも…。
(ゴーシュ)いいんだ。僕も自分が何者か知らないんだから。


。。。また兄に。。。シルベット。



(ラグ)え?
(バレンタイン)せいっ!

(ハント)博士 いいんですか?
(サンダーランド)一応ここは医療施設なんだがな。
(ガラード)ほう…。
偉そうな口をきくようになったな 死骸博士。
(バレンタイン)チッ!どこにもいねえ。
(ハント)ゴーシュって人は姿を消した。何度もそう言ってるでしょう!
(ガラード)ゴーシュ・スエードの治療記録は押収する。
お前、本当にスエードのこころは戻ったと思うか?
(サンダーランド)多くの者がそう信じている。
ふん。


。。。進むガラードとバレンタイン
(アリア)あ

(バレンタイン)そこをどけ。

(アリア)ラルゴ館長は外出中です!
(バレンタイン)アンバーグラウンド政府にリバースの一員 ゴーシュ・スエードを
連行する。
どこに隠しておるんじゃ!

(ニッチ)アリア!

(ラグ)ニッチ!人は…。

(ラグ)アリア… さん…。
お。

(ニッチ)ヒゲおやじ… 許すまじ!!
おお。

(ラグ)アリアさん 大丈夫ですか?
ええ…。


(バレンタイン)リバースの件は我々が専任だと前にも言い渡したはずだ。
ゴーシュ・スエードのことも同様。ヤツは我々が捕らえ り調べる。
(ラグ)ゴーシュはいなくなりました。 僕たちも捜してるんです。
本当です!
(バレンタイン)確かスエードには妹がいたな。
(ラグ)シルベットは何も知りません。
。。。シルベットのことへ。

(アリア)ラグ… もしかしたらゴーシュは本当はこころを…。
(ラグ)あ
このジムノペディは僕がゴーシュに届けます。


。。。シルベットのほうへラグ。
(ラグ)シルベットは何も知らないのに尋問なんてされたら…。
(ニッチ)ラグ。こっちが近道だぞ。
(ラグ)えっ?
うわ~っ!!
。。。屋根をいく。



。。。シルベット
(バレンタイン)シルベット・スエード! いるのか! いるんだろう?
(バレンタイン)いるな!

(シルベット)な… 何?

。。。窓から乱入するラグ
(ラグ)うわ~っ!!
キャーッ!!

(ラグ)うわっ!ぼ… 僕だよ。シルベット。
ラグ… なんで こんなところから?
(ラグ)ごめん。 説明は あとで。 今は 服を脱いで!
。。。叩こうと
あっ… ち… 違うんだ シルベット。

(バレンタイン)開けろ!!


(ラグ)あの人たち、君の口からゴーシュの居場所を聞き出そうと何をするか
わからない。
とにかく僕が時間を稼ぐから。

あ。

脱いで!!

ああ。


。。。入ってくるバレンタイン
シルベット・スエードだな?

(ラグ)《ど… どうしよう…。
シルベットの身代わりになったはいいけど…》

。。。捕まって。

(ガラード)エサは揃ったな。
。。。肩に乗せてバレンタイン

(バレンタイン)おっと。コイツがなきゃ困るだろ。
。。。拉致?


。。。隠れていたシルベット
(シルベット)ラグ…。



。。。ラルゴ、とある店で
(ラルゴ)いつものやつ、入ってるかい?
(エミュー)扱いには 気をつけてください。
やけどしますよ。
。。。情報を。

《リバースのマローダーは…ノワール 一人ではない!?》



。。。連行される
(バレンタイン)すぐに会わせてあげよう。ゴーシュ・スエードに。
《この人たち… ゴーシュがどこにいるのか知っているのか?
 でも なぜシルベットを連れてくんだ?》
。。。ニッチ隠れている。



。。。例の場所
(ノワール)ロレンス。
誰か… いないのか?


。。。みてまわる。
割れている鏡
(ノワール)鏡?
(ロダ)ここはロレンスの部屋だった。

。。。ロレンスがしたこと。


。。。死体がいっぱい
(ロダ)いつか… 私もロレンスもきっと…。




。。。乱入するバレンタイン

(バレンタイン)やはりここだったか。ノワール。
いや… ゴーシュ・スエード。
動くな!
。。。銃をシルベット?に
フッ… 心配するな。これからはいつまでも一緒だ。
お前を殺した後、妹もあの世に送ってやる。

《殺す!? 取り調べのために連れてくんじゃ…》

(ゴーシュ)それがロレンスの命令か?
(バレンタイン)できそこないのマローダーはいらんとさ。
リバースのマローダーはわしらだけでよい!
(ラグ)リ… リバース!?
あ…。

(ロダ)ラグ・シーイング?



。。。シルベットの家。
(ラルゴ)そうか… ラグがガラードたちと。
(アリア)館長のお留守を守りきることができず。
(ラルゴ)ラグが危ない。
(シルベット)どうして?あの2人 乱暴だけどアカツキの人なんでしょ?
(ラルゴ)彼らはアンバーグラウンド政府に潜りこんだリバースのマローダー。
(アリア)まさか… そんな!
(ラルゴ)その可能性は考えておくべきだった。
度重なるテガミの強奪そのやり口我々の情報がリバースに漏れすぎていた。
だが、まさかあの人たちが!
(アリア)じゃあ。彼らがゴーシュを捜しているのは…。
(ラルゴ)強引に連れ戻すか。それとも…。
それよりも。ラグが危ない。
(アリア)うん


(バイクのエンジン音)
(ラルゴ)思ったより早かったな。
さすがだ。


(アリア)ジギー・ペッパー。
(ジギー)思ったより早いとか誰に言っている。
(ラルゴ)おお! クールな地獄耳。

(ラルゴ)最速で届けてほしいテガミがある。
(ジギー・ペッパー)届け先は?
(ラルゴ)ラグ・シーイング。
。。。心配そうなアリア。



(ラグ)あ。
(バレンタイン)クッ! 失望したわ。、ラグ・シーイング。
わしらが 実はリバースのマローダーであると見抜き我らの正体を暴くために さらわれるふりをするまではよい。
(ラグ)あっ。いえ… 僕はただシルベットが心配で…。
(バレンタイン)だが、そんなかわいい姿になるとは貴様には心底 失望…
ぐはっ!
。。。欲情するおやじ
(ガラード)失望させたのはお前だ。
お前では役に立たん!
。。。銃を向けるガラード
(ラグ)あっ!

。。。車いすがニッチにかわる。

(ラグ)ニッチ!
(ガラード)摩訶の子か。

(ラグ)ゴーシュ!
帰ろうシルベットのところへ。

ゴーシュ?

(バレンタイン)お嬢!やっつけたいんだろ? わしを。
ほれほれ。こっちだ。

(ニッチ)ヒゲおやじ!ふん。

。。。。捕まるニッチ。檻に。

(ラグ)ニッチ!

(ニッチ)ああ
(ガラード)これは、鎧虫からつくった檻。
摩訶の子もこれだけは貫くことができないな。
(ラグ)ああ。


。。。ゴーシュが降りてくる。
(ラグ)ゴーシュ?
(ゴーシュ)リバースに戻る。
僕はノワールだ。
(バレンタイン)何のつもりだ? スエード。
信じられんな。
お前はこころを取り戻した。
(ゴーシュ)あれはテガミ弾に込められていたラグ・シーイングの
記憶にあったゴーシュ・スエードを演じていただけだ。

(ラグ)嘘!

(ゴーシュ)そうすればみんなが優しくしてくれた。
面倒な泣き顔も見ずに済む。

(ラグ)嘘だ! 嘘だよ。ゴーシュ!
だって。思い出したじゃないか。全部!
シルベットのこともアリアさんのことも!
僕2人で旅をしたことも…。
(ゴーシュ)全部、キミの記憶にあったことだ。
ラグ・シーイング。キミの中のゴーシュを忠実に再現してみせたんだよ。

(ラグ)あぁ。

(ラグ)だって、シルベットのスープを飲んで言ったじゃないか!

《こんなに こころが温かくなるのは何年ぶりかな》

(ゴーシュ)キミのこころの中にあったゴーシュのイメージどおりに演じただけだ。
でなければ、誰があんなまずいスープを。

(ラグ)う。うわぁ~ん!。。。なきくずれる。

(ニッチ)ラグ!

(ゴーシュ)カリブス・ガラード。
(ガラード)ん?
(ゴーシュ)今mこの場でテガミバチを処分すれば僕がまだノワールだという証明になるのか?
武器をくれ。
心弾銃じゃない。確実に殺せる武器だ。

。。。銃をわたすバレンタイン
(バレンタイン)フン… 十分だ。

(ラグ)どうして… どうして。ゴーシュ。
こころは戻ったはずなのに。
(ゴーシュ)失ったこころは戻らないんだよ。ラグ。
いや。こころなんていらない。
こころより大切なものがあることをキミは学ばなければならない。
(ラグ)僕は  僕のこころのありったけをあなたに撃ち込んだんだ。
なのに  なのに何の意味もなかったっていうの!? ゴーシュ!
(ゴーシュ)そうだとも。こころなんて何の力もない。

。。。助けるニッチ
(ラグ)うっ。うわぁ~!
ヌニッ!

。。。撃つ、ゴーシュ、ニッチの折を壊して。

(ラグ)わっ!

。。。崩れる建物。
な。

。。。さけるバレンタイン達。


(ゴーシュ)テガミバチの命 略奪した。
(ガラード)ヘイズル。
(バレンタイン)あの二流のディンゴもお陀仏かい。
かわいそうなことするのう。


。。。やってくるジギー・ペッパー
(バレンタイン)心弾 群青 ジギー・ペッパー。

(バレンタイン)応援が来たか。早くロレンスのところへ。
。。。退散する。


ジギー・ペッパー、ゴーシュを
阻止される。道。





(ジギー・ペッパー)ゴーシュ・スエード。

。。。守ったニッチ
(ニッチ)ニッチはディンゴとして一流なのだ。
(ラグ)ニッチ。



。。。ジギー・ペッパーに運ばれるラグ。
(ラグ)ジギーさん。何でここに?
(ジギー・ペッパー)館長にテガミを託された。ラグ・シーイング宛の。
(ラグ)えっ?



。。。逃げるゴーシュ達
(ロダ)まだ。ノワールと呼んでいい?
(ゴーシュ)好きに呼んでいいと言ったろ?



。。。帰路につく
(ラグ)信じてたんです。テガミ弾。
僕のゴーシュへの思いが届けばゴーシュのこころはきっと取り戻せるって。
でも、何の力もなかった。
ゴーシュが… あ、いえ。ノワールが言ったんです。
こころより大事なものがあるって。
ゴーシュならそんなこと絶対に言わない。
そんなこと…。
(ジギー・ペッパー)ゴーシュは心弾銃を使わなかったんだな。
それは自分の本当のこころをお前に見せたくなかったからじゃないのか。
(ラグ)えっ?
でも僕を殺そうとしたんです。
本気で。


(ジギー・ペッパー)もうすぐユウサリセントラルだ。
(ラグ)あ。あのそういえば館長からのテガミって?
(ジギー・ペッパー)俺だ。
(ラグ)えっ?
(ジギー・ペッパー)ハリーなら空から馬車を見つけられる。
追いかけてお前を助けてやってくれ。
そう頼まれた。
(ラグ)ああ。
(ジギー・ペッパー)お前に無事に戻ってほしいと願う人たちのこころが俺というテガミに込められ
お前に届いた。
(ラグ)はい。

《ジギー:それでもテガミには。
 こころには何の力もないと思うか?》


次回「喪われた心弾」
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0