So-net無料ブログ作成

アスラクライン 第15話 悪魔に喰われた副葬処女 の感想 [アスラクライン]

コアラは、部長の貴也が動かしている。
感覚を共有して。・・・変な装置。ただのぬいぐるみでない。
           VRで、感覚まで共有している?
智春、兄に会いたい。
冬琉に話をすると、貴也を登校させることができたら、
ダークソサイティーに聞いてみると。

それで、智春は、部長の家に、障壁があって入れない。
部長の家。操緒でも入れない。

その晩、智春は短冊に願い事を付けずにいる。
願い事は、。。。。運命を変えること?
ハンドラーの持つ運命を。ベリアルドールの運命を。

急にいなくなる部長。
家から。障壁もなくなっている。
冬琉が、智春に知らせに来る。
瑤が、たぶんあそこだろうと。海岸に行く。
そこは、あきが魂を削って消滅した場所。
貴也を捜すみんな。
冬琉が、貴也を捜して出して、
今までの思いを吐き出す。
関係を修復した。残された人達の思いが。。。

これで、部長が学校に来るようになるかと思いきや、
相変わらずコアラで、遠隔操作する部長。
貴也は、智春の願いを叶えてあげようという。
でも、智春は、冬琉との条件は。。。
兄の場所は分からずしまいで。。

--------------------------------------------------------

操緒が、攻撃をする。
「だめだ。操緒!」
「大丈夫。」
「魂が削られているいんだぞ。」
クロガネの中が開かれる。
「操緒!」

智春
「これがすべての始まり。兄に会わなければ。」


七夕、笹にお願い事を。
みんなで祝う七夕。
智春、兄に会いたい。
朱浬に「兄に会いたい」と智春が。
兄から預かっていたケース。
冬琉が知っているかも。智春の兄貴の居場所。
朱浬は、「調べてあげる」と。

智春と朱浬は、何とか間に合う。
ドウターで通学するアホ。
冬琉は、エクスマキナーな。悪魔もアスラ・マキーナも影響しない。
智春たち。結局遅刻する。


コアラと笑うニア。・・・ぶきみな関係。
コアラ、冬琉に貴也と言われる。
コアラが、起動を止める。・・・死んだふり。
ニアが、コアラを起こそうとはたく。
冬琉に抜刀されるコアラ。逃げだす。
コアラは、貴也が作った疑似感覚入力デバイス。
貴也が家に引きこもって不登校中。
部長が、朱浬の体を作った?
冬琉会長に、兄の居場所をきく智春。聞いてみるわと冬琉。
条件は、貴也が学校に来ること。不登校で留年、退学もありうる。
貴也が学校にくることが条件。
それをすれば、ダークソサイティーに聞てみると。

佐伯と会う智春達。
冬琉会長に頼まれて、科学部部長に会いに。

アスラマキナーのことで、佐伯は智春と話す。
智春には、知らないことがある。

部長の家に着く。
冬琉と瑤が来る。
会長はお隣にすんでいる。
操緒が中に入れない。
障壁「護法障壁」を作っている。
冬琉会長が、私がいるからだわ。
瑤、なにかを知っている。
冬琉と貴也とあき。仲がよかった。
あきは、クロガネのベリアルドールだった、
先代の持ち主だった、貴也。

智春は、貴也に出て欲しい。


コアラ、ニアに洗濯されている。
ニアは、智春が願い事をかざっていないと。。。
まだ決められない願いこと。
操緒が、決めてあげようか?いろいろなことを考える。
その後、先に寝ると操緒。
智春は。。。。
僕は変えたい、ハンドラーの持つ運命を。ベリアルドールの運命を。
僕は変えたいんだ。

朱浬は、なおたかさんと。
しかし、智春の兄はいない。
だれか別の女性が。。。

まだ学校に出てこない。部長。
冬琉が、貴也がいないと
こんな手紙が
「あきのところに行きます。」

瑤は、貴也がいそうな場所を知っている。
部長を捜す冬琉会長。
瑤に、智春が、あきさんの。ベリアルドールの最後を聞く。
冬琉が、クロガネを扱っていた。
あきの魂は、限界まで削られていた。
それがハンドラーの運命。
なにをして、なにを残せるかが。

冬琉会長、貴也を見つける。
何故逃げるの?
つらいから。
俺を見るとつらいだろうと。
あきの分まで強くなろうと。
冬琉が、トキアのことを思う。
あれから、初めて涙を流した冬琉。
今日は七夕。2人は久しぶりに会えたね。

部長の顔を見る智春。


朝には、部室が本でいっぱい。
部室で、部長が本で探しもの。
智春に、運命は結果論だという。
コアラで、活動する。
登校しなくていいのですか。
留年とか退学は、冬琉がなんとか操作するだろうという貴也。
貴也が、智春の短冊の願いを叶えてあげるという。

コアラで行動する貴也に冬琉、怒っている。
冬琉にやられるコアラ。
・・・おかしいヤツ。引きこもり。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0