SSブログ

機動戦士ガンダム00  #24 BEYOND 感想 [機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン]

刹那の戦いの光・命の輝きが、要塞をおおい、
人々が分かり合えるようになる。
そのチャンスにリジェネ&ティエリアが
リボンズとヴェーダーのリンクを外し、セラフィムのトライアルフィールド
でヴェーダーの奪還が成功する
戦闘が停止し、刹那らの勝利?となる。
ティエリアは、ヴェーダーとリンクする。
しかし、リボンズこのトライアルフィールドでも動ける。特別な上位種。
セラフィムを破壊するリボンズ。「僕が人類を導くんだ。」
次回は、刹那とリボンズの対決、世界の再生だ。


刹那、ダブルオーライザーでトランダムをして
戦場内の人々の心の声が聞こえる。おお、進化しすぎた。
刹那、まるでコードギアスのマオみたいだ。
刹那、人々の心を知り、死にゆくのに悲しさに怒りを覚え、
ダブルオーライザーでトランザムバーストをする。
多量に発生するGN粒子は今ままでとは違いやさしく、
要塞ソレスタルビーイングを覆いすくす。
その中では、人々はそれぞれの心が分かり合えるようになる。
サーシャスには、嫌悪する空間である、彼は、気分が悪くなる。
(悪人には、人々のわかり合える世界は邪魔か、悪さができないからね)

ティエリア、リボンズと対峙する。
リボンズは、イノベータではない、イノベータを超えて
進化したものという。ティエリアは、撃たれる。

刹那のGN粒子の中で、リボンズの制御が狂われる。
セラヴイがセラフィムにチェンジし、トライアルフィールドをはる。
ヴェーダとの接続手段か?
そして、リボンズからヴェーダーのリンクを切り離し、
ティエリアが、ヴェーダーへのリンクをする。
死んでるのになんでできるの?
ティエリアは一種のヴェーダの部品なのか。
そのために、他のイノベーダと敵のモビルスーツのコントロールが
無効になる。そうか、すべてはヴェーダーのバックアップで動いていた。
戦いは、終結する。しかし、リボンズは消えている。

ロックオンは、仇のサーシャスを撃ち殺し。罪を背負う。

サジとルイスは、分かり合う。
ルイス「ええ、この暖かな光はなに。
    こころが解けていきそうな。」
刹那のこころの光が二人を癒す。

それは、ラッセにも効いていた。(回復魔法のようなものか)


刹那は、ヴェーダーで、ティエリアの死体を見るが、
ティエリアは、僕は死んでいないヴェーダーとリンクしたと、
君たちをサポートする、イオリアの計画を説明すると。
イオリアは、宇宙に人類に進出するための準備と
と宇宙での異種との接触に備えていた。
(スタートレックを思い出すなあ。
宇宙人から試練を与えられたものなあ。
野蛮で戦闘的だとバルカン星人に根絶やしにされる。)

刹那は、トレミーに戻るが、その際に、セラフィムが
破壊される。
そうだ、このフィールドでも動けるのは彼だけだ。
リボーンズ・アルマーク
「感謝してほしいな。君がその力を手に入れれたのは、
 僕のおかげなんだよ。刹那・F・セイエイ」

-----------------------------------------------------------

レグナントとダブルオーライザーとの戦闘
サジ「僕たちはわかり合うことで未来を築くんだ。
   そうだろう。ルイス。」
ルイス「その未来を奪ったのは、ソレスタルビーイングだ。」
レグナント、人型に変形する。ダブルオーライザーより二回りおおきい。
ルイス「戦闘を仕掛けのも。世界を歪めたのも」
レグナントの攻撃を回避する刹那。
アンドレイ「沙慈とかいう男。貴様がいるせいで、准尉は。」
刹那「は」刹那、気づき、アンドレイを攻撃する。アンドレイ大破?
ダブルオーライザー、レグラントに捕まる。
電撃を受ける。刹那、サジ「うあああ」
ルイス「よくも中尉を。死ねえ。」
レグナント、粒子砲を放つ。
ダブルオーライザー、それをバリヤで防いでいる。
三機の特攻機がやってくる。
刹那、それに気づいている。「特攻兵器、う」
レグナント、ガンダムを抱え込む。
ルイス「もう逃げられないぞ、ガンダム。」
サジ「やめるんだ。このままじゃ。ルイスも。」
ルイス「それがどうした。」
サジ「は」
ルイス「貴様達を倒すためなら。」
サジ「だめだ。」
サジ、ミサイルを特攻兵器に向けて放つ。
二機は大破するが、残り一機が向かってくる。
レグナントに命中する。


リボンズ
振り返るとティエリアがいる。
「ティエリア・アーデ。君はイノベータの分際で。」
「違う。僕たちはイノベータではない。
 僕たちはイノベータの出現を促すために、人造的に生み出された存在。
 イノベイドだ。」
リボンズ、ティエリアを見る。
「ヴェーダーを返してもらうぞ。リボンズ・アルマーク」
「ふん。そのイノベイドが進化を果たしていたとしたら。」
「なに」
「僕はイノベイドを越え、真のイノベータさえ凌ぐ存在となった。」
「世迷いごとを」
ティエリア、リボンズをねらう。


トレミー、敵を迎え撃っている。

スメラギ、撃たれたと思っている。目を開けると。
「あ」
ビリー「今度ははずさないよ」
「どうして。どうして、あなたがここに。」
ビリー、アートマトンを引かせる。
「武器を捨てて投降するんだ。悪いようにはしない。」
「ビリー。どうして。」
「わからないのか。恒久和平を実現させるためさ。そしてその最大の障害に
 なっているのは、君建ちだ。」
「イノベータの支配を受けるというの。」
「より優れた存在によって統制されるのは、論理的に考えても正しい選択さ。
 それに、人類を導くために生み出された彼らは、我々になんの見返りも
 求めやしない。理想的な関係じゃないか。」
「それでは、自由が失われるわ。」
「完全なる自由は、モラルの放棄。その先には滅びしかないよ。
秩序ある社会構造の中、人々は限定された自由を満喫する。
 檻の中で守られた方が居心地がいい。それが平和ということだ。」
「そんな」
「戦争根絶を掲げ、その実、世界を乱しているのは、君たちだ。
 今はイノベータに世界をゆだねることが。
 真の戦争根絶に繋がるとなぜわからない。」
 有史以来、人々が求め続けた理想郷が実現しようとしているというのに。」
ビリー、スメラギをねらっている。
「はああ
 未来は、私達で生み出さないと意味がないわ。
 過去に犯した過ちを自分達で払拭しなくちゃ。
 本当の未来は訪れない。   ****オバマ大統領に掲げる。
 だから、私は戦う。」


ロックオンとサーシャスの戦闘
サーシャス「死にてえのかよ。ソレスタルなんたら。」
ロックオン、はじかれる。「くっそたれが。」


アレルヤとソーマ
マリーの機体の腕が損傷する。
「マリー。ぐあああ。」
特攻部隊がいぞんで来る。
一機打ち損じる。
アレルヤ「しまった。」
マリーの機とぶつかる。
「マリー。ぐあああ。」
特攻部隊に攻撃される。


リンダ「ガンアーチャーが!」
イアン「数が多すぎる。」

ラッセ「えええ。粒子残量が。えええ。ぐわあ。」
身を出すラッセ。
オ-ガンダムが映る。(どう見ても。初代のガンダムだ。)
「体もかよ。」
オーガンダム、エネルギー使い切り停止する。


レグナントダブルオーライザー。
刹那「沙慈。沙慈・クロスロード。沙慈」
サジ「お」気がつく。「あ、ルイスは。」
刹那「大丈夫だ。」ガンダムの手の内にルイスが助けられている。
サジ「ルイス」
刹那「彼女を連れて、安全な場所に行け。」
サジ「あ」
刹那「敵が来る。」
サジ「あ、わかった。」
刹那、イノベータの来集を見ている。
ヒリングとリヴァイヴだ。
刹那「イノベータ」


サジは、ルイスをつれ、移動する。


刹那、イノベータと戦う。「う」
刹那、イノベータの2機に対して、同等に戦う。


リボンズ、ティエリア
ティエリア撃たれる。
「言ったはずだよ。僕は、イノベータをも超える存在だと。」
第2射をティエリアに放つリボンズ。そしてまた。
「ヴェーダーは渡さない。そうさ、人類を導くのはこの僕だ。」
なんどもティエリアを撃つリボンズ。
ティエリア、絶命か?


サジとルイス
「ルイス。ルイス」
ルイスが目を覚ます。
「うああ。ルイス。ルイス。」
「沙慈」
サジ、安心している。
「ルイス」
ルイス、サジの首を締める。
「ああ、ぐああ。」
「ソレスタルビーイング。パパとママの仇、死ねえ。死ねえ」
「ぐあああ。ルイス」
ルイス、締めながら、涙を流す。
サジそれに気がつく。首を絞めながら、涙を流す。(矛盾)
サジの胸には、指輪が下がっている。
サジが指輪を持ってきた記憶がよみがえる。
「沙慈
指輪を触るルイスの記憶。「きれい」
記憶がよみがえる。涙を流すルイス。
「沙慈。う。ぐあああ」
ルイス、頭をかかえて苦しみ出す。
「ルイス。どうしたんだよ。」(リボンズの支配に苦しんでいる。)
「ルイス」


刹那とイノベータ
刹那、イノベータらを圧倒する。
リヴァイヴ「これが純粋なるイノベータの力」
ヒリング「調子にのって」
リヴァイヴ「ヒリング。トランザムアッタクをかける。」
ヒリング「OK」
トランダムをかける。赤くなる機体。

刹那、イノベータの猛攻に「う」
刹那「トランダム」
刹那の周り粒子が包み込む。

ルイス「ああああ」
サジ「どうしたんだよ。ルイス。」
刹那「この声は。」

サジ「ルイス。ルイス。」
刹那「沙慈。沙慈」
サジ、ルイスに叩き飛ばされる。
サジ、ルイスの手に指輪を見る。
ルイス「あ」
ルイス、倒れる。
サジ「あ、ルイス」
ルイスが死んだようにみえた。サジ、唖然とする。
サジ「あ。ああ」涙を流し出す。
「ルイスうう」

刹那、目が解放モードの入る

刹那、スメラギとビリーの会話を聞く。
スメラギ「私は戦う」
刹那「この声。」

スメラギ「自分たちの意志で未来を作るために。」
ビリー「どうしておまえ達は」
「は」
「どうして君はわかってくれないんだ。」
スメラギ、すこししおらしくなる。
「そうやっていつも」
ビリー、スメラギを撃つ気だ。
刹那「スメラギ」

刹那、イノベータの攻撃を受ける。
要塞に押しつけられる。

アレルヤとソーマ
「マリー」
刹那「は」
アレルヤ、マリーをかばって戦う。
アレルヤ、背後から攻撃を受ける。「ぐわああ」
刹那「アレルヤ」

ラッセ「くそう。ここまでかよ。」血を吐くラッセ。
刹那「ラッセ」


ミレイナ「このままじゃ。トレミーが」
フェルト「まだよ。まだ。諦めちゃだめ」
刹那「ミレイナ。フェルト」

リンダ「ミサイルの残りが。」
イアン「こんなところで。」
刹那「イアン。リンダ。」

イノベータに押されながら
刹那「みんなの命が消えてゆく。」

サーシャスによるロックオンの危機
ロックオン「ぐおあああ。くっそたれが。

刹那「そんなこと、させるか!!!」
刹那の瞳が大きく開く。
トランダム全開になる。(感情によって解放される不確定要素。マサキ)

OO RAISER
TRANS-AM BURST トランダムバースト

GN粒子が最大解放される。
大きなダブルオーのマークが出てくる。
うーわあ。きれい。

ヒリング「な。なによ。」いつもこれですね。悪ものは、かっこわるい。
リヴァイヴ「このGN粒子は?」

要塞を包み込む虹のような帯、全てを覆い尽くす。
(あは。魔法みたいだ。ジル)

クラウス「これは。この光は。戦いのものではない」

「GN粒子」
カティ「あの輝きは。」

シーリン「なんなのあれは。」
マリナ「刹那、この光はきっと」

刹那、光の中心にいる。

マリナ「刹那の戦いの光。命の輝き」

刹那、操縦席で。。。
死んだロックオンの声「変われ。刹那。変われなかった。俺の代わりに。」
刹那「そうだ。未来をつくるために俺は変わるんだーーー」
ダブルオーライザー、真っ赤になる。周りには、きれいな緑の光が出ている。

イノベータ達、追い払われる。
ヒリング「脳量子波が乱れる。」
リヴァイヴ「あのガンダムだ。あのガンダムさえあれば、僕たちだって。」
リジェネ「それだけじゃない。」
リヴァイヴ「リジェネ・レジェッタ。」
リジェネ「純粋なるイノベータの脳量子が、ツインドライブを連動し、
     純度を増したGN粒子が人々も意識を拡張させる。
     完全なる進化をとげたか。刹那・F・セイエイ」
死んだはずのリジェネの意識が。。。
    「君こそ、真のイノベータだ。」

刹那、ガンダムに乗っている。


サーシャスとロックオン
サーシャスがロックオンをおしている。
サーシャス「なんだ。この気持ちわりい感じは。」
ロックオン「貴様。
      貴様みたいなやつに兄さん達は。」
サーシャス「へ。てめえ。あの男の弟か。」
ロックオン「それがどうした。」
サーシャス「殺しがいがあるぜ。」
ロックオン「何なんだ。貴様」
サーシャス「俺は、俺だ。」
サーシャス、ロックオンをとらえる。
ロックオン「ぶっつぶす。」


特攻隊の機体、自爆を始める。なんだこれは。


アレルヤ「刹那か」
「よそ見してるなよ。アレルヤ。」
「ハレルヤ」
「マリーだけ。見てりゃいいだよう。」
ハレルヤが出ている。
「ぐ」
アレルヤ、トランダムになる。
ハレルヤの攻撃で、特攻部隊が全滅を始める。すごーい。

スメラギとビリー
ビリー「な。なんだ。この不可思議な現象は。」とまどうビリー。
スメラギ、理解する。刹那。
ビリー「脳に直接声が響くなんて。」
スメラギ、銃を下げる。
・・・・ごめんなさい。ビリ-」
「うん」
・・・あなたの気持ちを知っていながら、それに甘えて。」
ビリー、スメラギに銃を向ける。
「う、やめろ。そんなんじゃない。」
スメラギ、ビリーに近づく。
ビリー「僕は恒久和平実現のために。
    そのために戦うと決めたんだ。」
スメラギ、ビリーの銃口の前に立つ。
「くりゅう。君を僕はずっと。僕は。」
スメラギ、ビリーを抱きしめる。
ビリースメラギを抱きしめ返す。
「ずっと君のことが好きだったのに。」
二人の想いが通じた。。。。


アレルヤとソーマ
ソーマ、気がつく「あ。アレルヤ。声。これはアンドレイ少尉」
アンドレイ「また。声。ピールス中尉か。」
・・・・あたしは、あなたが許せない。
    でも、あなたを憎み続けて、恨みをはらしたとしても、
    きっと大佐は喜ばない。」
アンドレイ「だまれこの裏切り者が。」
ソーマ「あなたはどうして実の親である。大佐を」
・・・・あの男も軍を裏切ったあ。
    報いを受けて当然のことをした。
    恒久和平を乱す行為だ。
アンドレイ、聞いている。
・・・・大佐はそんなこをする人でじゃないわ。
「違う。あいつは、母さんを見殺しにするようなやつだ。
 信じられるか。」
・・・・どうして分かり合おうとしなかったの。
「あいつは。あの男は、なにも言ってくれなかった。
 言い訳も謝罪も。僕の気持ちなんて知ろうともしなかった。
 だから、殺したんだ。この手で。」
ソーマ「ああ」
   「自分のことを分かって欲しかったら、
    なぜ、大佐のことをわかってあげようとしなかったの。」
アンドレイ「ああ」
・・・・きっと、大佐はあなたのことを思っていたはずよ。
「ああ」
アンドレイ、父を打ったとき、父は自分を遠くに離した。
「ならどうして、あの時になにも言ってくれなかったんだ。」
 いってくれなきゃ、なにも分からないじゃないか。
 いってくれなきゃ。うううう。うわああああ。」
ソーマ「大佐」涙を流すソーマ。
ソーマの想いが、アンドレイに通じる。


トレミー、敵を攻撃する。
ミレイナ「敵機80%撃墜」
フェルト「気を抜いちゃだめよ。」
ミレイナ「はいですう。」

イアン「いけるぞ。」
リンダ「はい」

ラッセ「な。なんだ、体の痛みが。」
ラッセ、元気が出る。
癒しの力があるGN粒子。魔法だ。

サジとルイス
サジ、泣いている。「ルイス」
ルイス・・・沙慈
サジ「は」
ルイス・・・沙慈
サジ「は」
ルイス「あ」目を覚ます。
サジ「あ、ルイス。」
ルイス「沙慈。私。もう。あ」
サジ、ルイスを抱きしめる。
サジ「なにもいわなくていいさ。わかっている。」
ルイス「ああ」
二人、抱きしめあう。わかり合えた二人。
ルイス「ええ、この暖かな光はなに。
    こころが解けていきそうな。」
サジ「刹那だよ。」
ルイス「刹那」
サジ「そうだよ」

ダブルオーライザーに乗る刹那

サジ「彼の心の光。未来を照らす光だ。」
要塞全部を覆い尽くすGN粒子

@@@@
刹那、要塞のハッチを破壊して、中に入る。
刹那、ヴェーダーのポイントに向かう。
刹那「ヴェーダーのポイント」
要塞内に進入する。
刹那「赤ハロ、機体を頼む。」
「了解。了解」

要塞のGN粒子が散ってゆく。

リボンズ「ああ。今のGN量子波はなんだ。
     僕も脳量子波を乱して」
リジェネ「この時を待っていたよ。」
リボンズ「リジェね・レジェッタ。」
ヴェーダーの色が変わってゆく。
リボンズ、動揺する。「う、は」
リボンズ「ヴェーダーが僕とのリンクを拒絶し?
     まさか、システムを」
リジェネ「リボンズ。君の思い通りにはさせない。」
リボンズ「う」
リジェネ「そうだろう。ティエリア」
リボンズ「は」
リボンズ、下のティエリアを見る。
ティエリアの目が輝く。
セラヴィーの操縦席が自動で動き出す。
セラヴイーから分離して、セラフィムになる。
そして、ガンダムの中のガンダムになって、体からX方向に粒子を出す。
それが水平に交差して、光を放ち出す。

ミレイナ「あ、セラフィム。トライアルフィールド発生させたですう。
     ヴェーダーとリンクしている機体が次々と停止しているですう。」

イノベータの機体も停止。
リヴァイヴ「ヴェーダーからのバックアップが。」
ヒリング「く。ティエリア・アーデめ。」

フェルト「取り戻したんだ。ヴェーダーを
     これで戦いが終わる。」

リンダ「あなた」
イアン「ついにやりおったか。ティエリア。」

トレミーの艦内のオートマトンも沈黙する。
スメラギとビリー
スメラギ「あ」
ビリー「なんだ」
スメラギ「ティエリア」

アレルヤとソーマ
アレルヤ、マリーを救出に向かう。
アレルヤ「マリー」」
ハッチを開いて、中を見るアレルヤ。
アレルヤ「大丈夫かい。マリー」
ソーマ「大丈夫。もう大丈夫よ。」
アレルヤ「え」
ソーマ「ありがとう。アレルヤ」
アレルヤ「うん」
アレルヤ、戸惑う。マリーの優しい笑顔。

サーシャス、機体が動かない。
「う、く、なにがどうなってやがる。
 くそ、動けっていうんだよ。は」
目の前にロックオンの機体が
ロックオン「兄さんのことを責められねえな。
      こいつだけは、許せなせねえ。」
ケルディムでアルケー、破壊する。
ロックオン、はあはしている。
しかし、サーシャス、要塞に逃げ込む。おいかける、ロックオン。
「待てよ。てめえ。」
逃げるサーフェスを狙い撃つロックオン。
ロックオン(らいる)「そこまでだ」
サーシャスに銃を向けるロックオン、
サーシャス、銃を捨て、手を挙げる。
「こいつが。こいつが。父さんを母さんもニイミイも、兄さんも。」
・・・ライル、私たちわかり合えたよね。
「は」
   わかり合えたよね。
アニューの声が聞こえる。
ライル、迷う。
サーシャス、ふリかえって撃とうとするが、
「ばかああ」
ロックオンの銃で撃たれて、死す。なんども撃つ。これで戦闘屋もおわり。

「アニューおまえのおかげで、人々と分かり合える世界も不可能じゃないと
 思えたんだ。だから、世界から疎まれても、咎めを受けようと
 俺は戦う。
 ソレスタルビーイングのガンダムマイスターとして。」

刹那、ヴェーダーの本体の前に来る。
銃を構えて警戒する。
刹那「は、これがヴェーダーの本体
   あれは。
   ティエリア」
  「ティエリア・アーデ
   は」
死んでいる。目をつむる刹那。
刹那「敵は討つ。」
「勝手に殺して貰っては困なあ。」
刹那「どこだあ。どこにいるティエリア」
「今の僕の意識は、完全にヴェーダーとリンクしている。」
刹那「ヴェーダー」
「僕は、イノベータ。いや、イノベイドでよかったと思う。
 この能力で君たちを救うことが出来たのだから。」
=====> 機械と同化する。(うーん、石上社長?)
刹那「ああ」
「ヴェーダーと繋がったことで、僕は知ることができた。
 今こそ話そう。イオリアの計画を全貌を」
====> 機械(ティエリア)が、刹那に話しかける。


刹那、ダブルオーライザーに戻り、
刹那「今から一時帰還する」
フェルト「了解」
トレミーへ帰還するところ。
刹那「イオリア計画」
「我々の武力介入行動は、矛盾を孕みつつも世界の統合を促し、
 たとえ滅びようとも人類の意志を統一させることにあった。
 それは人類が争いの火種を抱えたまま、外宇宙に進出することを防ぐためだ


 人類は変わらなければ、未来を次ぐことができない。
 いずれ巡り会う未知との異種との対話に備えるためにも。
 そのためにも僕たちは」
刹那「分かり合う必要がある。」
刹那「ティエリア」


セラフィムが攻撃を受けて、大破する。

刹那、驚く。


フェルト「セラフィム、大破。」
スメラギ「ティエリアは。」
ミレイナ「反応ありません。」
スメラギ「もっとよく捜すのよ。」
ミレイナ「はい」
スメラギ「トライアルフィールドで動ける敵がいる。」
ビリー「彼だ。」
スメラギ「彼」
 ====> リボンス。アルマーク、進化した変異種。
ビリー「イノベータを越えたイノベータ。」


刹那、敵の位置を把握する。(うーん、アムロのニュータイプですなあ。)
「そこかあ。リボンス・アルマーク」
そこには、変な形のモビルスーツがいる。
刹那の前に現れるリボンズ
「感謝してほしいなあ、君がその力を手に入れれたのは、
 僕のおかげなんだよ。刹那・F・セイエイ」
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:アニメ

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1